Tアップデートでバトルの仕様変更!複数回攻撃が弱体化!

スポンサーサイト

妖怪ウォッチ3のスキヤキとTアップデートでは、バトルでの妖怪の強さに少し調整が入ったようです。Tアップデートでのバトルの調整内容について解説します。

Tアップデートで複数回攻撃が弱体化

スキヤキとTアップデートでは、以前のスシ・テンプラと比べると弱体化された妖怪がいるようです。

Tアップデート以前、黄泉ゲンスイは条件さえ揃えば1HITで800前後のダメージを出す事が出来ました。
しかしTアップデート以降はまったく同じ条件にしても、200前後のダメージしか出なくなっています。

黄泉ゲンスイで高ダメージを出す方法はこちらへどうぞ
999ダメージを出す方法!4000ダメージを出せる最強妖怪も紹介します!

このように、以前の1/4程度までダメージが下げられています。

これは黄泉ゲンスイだけが弱くなった訳ではなく、「疾風づき」や「閃光ぎり」などの複数回攻撃そのものが弱体化されたようです。
黄泉ゲンスイと同じ疾風づきの虫歯伯爵なども、大幅にダメージが下がっていました。

弱くなったといっても複数回攻撃は元々強すぎたので、現在は特別弱い訳でも強い訳でもないです。
攻撃回数によって強い・弱いという違いがなくなった事で、強い妖怪を使いたいと思った時に選べる妖怪の幅が広がりました。

更にTアップデートでは妖怪のランクを上げられるアゲランクの秘宝」が追加されたので、好きだけどランクが低くて使いづらかった妖怪も活躍しやすくなりました。

特に装備2枠の妖怪はランクを上げる事でトップクラスの強さになったりもするので、意外と強い妖怪を探すという楽しみも加わりました。

 

この他も「Tアップデートでバトルのここが変わったよ!」という情報がありましたら、どしどしお寄せください!

スポンサーサイト

友達に教えてみよう!

妖怪の交換は交換掲示板へどうぞ!

コメント一覧 (5)

最新コメントを読み込む

コメントお待ちしております